• 自然ラボ

【速報】売電単価が半額以下になるとの報道について①

ヤフーニュースのトップに以下の記事が掲載されました。


「太陽光価格 現在の半額以下に」



( 記事URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00050107-yom-bus_all )


記事の内容を見る限り、このタイトルは少し過激すぎるように感じます。

タイトルだけを見ると、既設の太陽光発電まで買取価格が半額以下になるようにも捉えられますが、記事にはそのようなことは書かれておりません。


買取価格の下落(改定)は毎年行われており、今年度は前年度の「21円」から「18円」に下がりました。ただし、価格が下がったからといっても、前年度に「21円」の権利を取得している方は今後20年間(家庭用は10年間)「21円」で売電できる仕組みになっています。


今回の記事は今後数年かけて、売電単価を下げていき、2022年頃に産業用の太陽光発電で「8.5円」25年頃に家庭用の太陽光発電で「11円」にしていく方針を打ち出した、という内容になります。


既設の太陽光発電の買取価格まで変更する、半額以下に下げていくなどとは一切かかれていませんが、記事には「国民負担の軽減につなげる」と書いてあるがゆえに、既設の太陽光発電の買取価格まで下げるのかと勘違いを誘発するような書き方になっております。


しかし、万が一本当に既設の太陽光発電までも買取価格を下げるということであるならば、大きな問題が各所で生じてきますので、明日以降早急にその点については確認していきます。


確認出来次第、ブログをアップしていきますので今後の続報をお待ち下さい。


0回の閲覧

© 2019 by Shizenlab Co.,Ltd.

779-1510 徳島県阿南市新野町西馬場78-1 TEL.050-5806-7755